2005年07月08日

●その01 基本編 AGI両手と他職他タイプ

1. まず、AGI両手とは?

長所
・そこそこのパッシブ攻撃力
 修練・高ATK武器・2HQを使いこなし、そこそこのパッシブ攻撃力を誇ります。ただし、職タイプの特性上低STRタイプがメジャーのため、しっかりと後衛の揃ったPTでは雀の涙ということもあります。

・そこそこのMHP
 騎士の優秀なHP係数のおかげで大抵ヒール1発分ほど同type内でHPが高いです。ただし低Lv、特に剣士時代はプパによるHP増加能力が高いためさほど差はありません。Lv70ぐらいになってやっとMHPを生かすことができる程度です。

・基本装備DEFの高さ。
 剣士系装備は大抵2ほどDEFが高くなってます。精錬値で言うならば+3の差、逆に言うとこっち+4装備で向こうが+7装備ならば盾が持てない分防御力は劣ることになっちゃいますが。

・アクティブスキルが防御力としても優秀。
 プロボ1・プロボ10・AC・バッシュ・BB・インデュア、どれも使いどころを間違えなければ非常に強力なスキルです。スキルの特性を理解しましょう。

短所
・Fleeが低い。
 Job補正でもAGIは+2、Flee増加スキルを持たないため、他のAGI前衛と比較すると大抵20程度Fleeが劣ります。よってBaseLvが低かったり木琴が無いと強烈なディスアドバンテージとなり、大抵のPT狩場でイミュンの方が優秀であるケースがほとんどです。
 初心者の方はMHP・Flee申告をきっちりするなどして、「どの敵なら支援職のヒールを食うことなくタゲを取れるか」を考える必要があります。95%回避Fleeを把握していないとかは論外です。

・盾が持てない。
 あんまり短所に挙げたくないのですが、ROのダメ計算ルール上、特定種族からのダメージを30%減らす、いわゆる三減盾を装備できないことが防御性能として大きく影響します。
 基本的にはHP回復剤とACの併用などをして「MHPによる即死回避」が全てにおいて緊急時の基本になります。下水3とかで血柱を上げる練習をしておいてもいいぐらいでしょう。

・(他のAGI前衛と比較して)成長が遅い。
 ソロ狩場用の武器とPT狩場用の武器の相性の悪さ、Aspd依存のためLv85↑で指数関数的に伸びる攻撃力、Hitの確保の難しさなどがあって、Lv60-80ぐらいの臨時PT黄金時代に大きく成長曲線が凹んでるタイプです。
 ここは正直カバーのしようが無いため、装備が無い場合には諦めるとかある程度のLvまではサッサト駆け抜けてしまうとか、BaseLvが-5~-10ぐらいのPTを狙うとか少々後ろ向きな対応が必要なところかと。

アサ・V剣士系が居る場合には中衛、居ない場合には前衛が適役になります。
大事なのは「何がなんでも前に出る職ではない。」ということです。

2. 支援プリースト

・ヒールができる。
 ヒール10・高INT・マグニによる高SPによるMHPの数割を誇る回復能力の持ち主です。ただし某RPGみたいに全体回復はできないこと、連射性能にある程度の限界があること、手動ターゲッティングが必須である性質により、緊急時に確実に打てるものでは無いです。

・ブーストができる。
 非常に多岐に渡るブーストスキルを持っています。ただし、それぞれの性質が複雑なためブーストの維持とヒールコントロールはROというゲームでは珍しく難易度の高いオペレーションです。
 各ブーストスキルの性質を頭に入れるのは、PTメンバとしての礼儀でしょう。

・防御力が高い。
 武器にお金をかける必要が無いため、資産を全て防具にまわせます。また、他人にかけるより自分ヒールをかける方が楽なこともあって、潜在的な防御力はMHPを除いて全てAGI両手を上回ります。
 また、そのMHPもVITをきちんと振っているタイプであるならば並のAGI前衛より高く、PT構成によっては前衛をさっくりと兼任します。

・基本的にソロに向かないため、PTプレイの専門家である。
 PTのほとんどが支援プリーストを中心に組み立てることになるため、PTプレイの先輩であることが多いでしょう。また、その支援は大抵PT向け職に最適化されていることが多いため、差分を理解することが重要です。

3. 量産~DS弓

・素早い遠距離攻撃ができる
 (マジ系と違って)ノーウェイトで素早い遠距離攻撃ができます。

・攻撃力が高い
・Hitが高い
 Dexが攻撃力とHitを両方まかなうため、STR前衛が必要な「HitのためのDex」を全てSTRにまわせるようなステにできます。弓と矢という特殊なシステムのため、特別な属性付与スキル無しに特化武器+属性の攻撃が可能なことも大きいです。
 高Fleeの敵などにはAGI両手と比較して数倍の攻撃力になることもあります。

・防御力が立ち回りによって決まる
 MHPが低い・盾を持てない・遠距離攻撃が可能でHitが高いためタゲを取ってしまいやすいなどの条件により、防御力の大半をプレイヤースキルに依存するタイプです。

4. DexWiz

・強力な範囲攻撃ができる
 低Lvのうちは詠唱時間が遅く、時間がかかる範囲攻撃となりますが、高LvになってDexが完成すると、数秒でAGI前衛の何倍もの攻撃力を誇る範囲攻撃を繰り出します。
 正直こうなるとAGI前衛の攻撃力は誤差になります。

・常に詠唱時間とディレイと戦っている
 全てのスキルが一瞬で出て、無限に連打できるわけはありません。スキル前後の安全は他PTメンバが確保しましょう。

・MHPが低い
 ぽっくり度No.1の後衛職です。なるべくwizに敵が張り付かない状態を維持するのがPTの目標です。

・でも被ダメは低い
 盾が持てること、ECという優秀なダメ軽減スキルのおかげで見た目のダメージは意外と低めです。つまり装備が揃ってなくてECも使ってないマジ系はさらにぽっくり逝きます。

5. Vit槍騎士

・高STRで盾を持つ
 片手槍で攻撃力が確保できる高STRと、三減盾が装備できます。

・HPが高い
 VIT差により、MHPが2~3k違います。ただしSTR優先の人が多いため、Lv60代前半などの低Lv時代にはそこまでの差はありません。

・対大型への瞬間攻撃力が高い
 ピアスが優秀なため、対大型への即時発動の攻撃力が全職中トップクラスです。よって武器さえ揃っていれば大型の危険Mob、リビオ、深淵の瞬殺が可能です。

6. GXクルセイダー

・特に対闇・不死に対する攻撃力が高い
 消費コストは高いものの、強力な聖属性範囲攻撃であるGXを使います。

・HPSPの消費が激しい
 GXの反動ダメージ、高消費SPにより、INT120にマグニがあっても「回復担当のプリースト」側までひっくるめてSPを激しく圧迫します。
 また、自分中心に発動するGXのスキル性質により、詠唱中の被弾が避けられず、低VITで装備が揃っていないとハイリスクハイリターンな自爆キャラになります。

・MHP係数+フェイス+自ヒールでの非常に高い耐久力を持つ
 高INTでヒール10GX10がメジャーのため、支援プリーストに匹敵するヒールを使えます。
 そして騎士に次ぐHP係数、MHP増加スキルのフェイス10取得が必須のため防御に徹した際の耐久力は全職中トップクラスです。

7. シフ系AGI前衛

その他のAGI前衛との比較も簡単に。

7-1. アサシン
・回避率増加スキルとJob補正により、Fleeが30-40程度違います。つまり回避率が最大3-4割違います。
・実は騎士に次ぐHP係数の持ち主のためMHPには劇的な差がありません。
・アクティブスキルに騎士ほど恵まれていません。

7-2. ローグ
・回避率増加スキルとJob補正により、Fleeが20-30程度違います。
・弓・短剣・対人タイプによってかなり性質が違います。片手武器持ちの場合には盾がもてます。
・同じシフ系ですがMHPはアサほど高くありません。ハンタと同等です。

7-3. モンク
・回避率増加スキルのため、Fleeが20程度違います。
・対小型、DB・DP所持もあって悪魔・不死への性能が高く、特にGD3で差がでます。
・大抵のプリーストの半分程度のヒール能力を持ちます。
・指弾/阿修羅タイプの場合は「攻撃の出の遅い」後衛になります。パッシブとは性質がかな異なりますので注意。

7-4. BS
・同じAGI型の場合、回避性能はだいたい一緒です。
・武器研究スキルがあるため、Hitに差がありますが、大抵のAGIBSはその分Dexを抑えてSTRやVITに振る傾向があります。
・剣士系に次ぐそこそこの高DEF装備ができますが、HP係数は高くないため両手斧を持ったBSになると防御力はどっこいかそれ以下です。

ぐわーっと書きました。全職全タイプがカバーできないのは当然ということでこんなもんで。

Posted by youten at 2005年07月08日 13:00
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://b2hs.netgamers.jp/mty-tb.cgi/84

コメント

Agi前衛のHPについてですが、モンクが「低い」、ローグが「高くない」という表記には違和感を覚えます。同レベル同VitならばモンクのHPはアサに次ぎ、ローグは前衛職中最低ですから。
上から騎士>クルセ>アサ>モンク>BS=ケミ>ローグ=ハンタとなるはずです。

Posted by 騎士モンクローグ持ちより at 2005年07月09日 13:24

すいません。HP係数に関しては指摘の通りで勘違いしておりました。

修正させていただきます。m(_ _)m

Posted by youten at 2005年07月09日 14:22

いつも参考にさせていただいてます。
いまLv78STR69AGI70VIT4INT18DEX40で2HQ10両手修練10BB10って状態の騎士なんですが、
もともとはAGI両手めざしてたもののピアースの速さにひかれてこのままAGI槍になってしまおうかと悩んでるところです。(槍修練10とれませんが)
AGIスイッチ、AGI槍との使い勝手や差なんてのについてももしなにかあれば書いてみていただけませんか^^;

Posted by saraの騎士見習い at 2005年07月10日 13:42

>saraの騎士見習いさん

どうもいらっしゃりー。このサイトではあんまり書いてませんが、STRを90確保すれば、タイプ問わずピアス10は強いですよ。
騎士団2・付与SD4などでは「両手騎士でもピアス-BBの方が良い」ということです。(ふつーはこれをスイッチ、と呼ぶと思いますが。)

もう少ししっかりと「AGI槍」をやるとするとDEXとかINTとか足りなくて困るんで、AGIは85程度でいったん止めちゃうのをオススメします。
DEXを先にあげるか、STRを先にあげるかの差があるようですが…。

他のサイトにも情報は載ってると思いますし、片手槍が使えるステを考えつつ、最終的にどの狩場でどのタイプで行くかを考えれば良いかと。

Posted by youten at 2005年07月11日 11:58

ありがとうございます。
先輩騎士にAGI両手の人は何人かいてもみんな槍を使わない人ばかりなので、
いろいろ試しながらどんな騎士になろうかゆっくり考えていこうと思います。
GDに行く時等両手剣にもお世話になるので楽しみにしています。

Posted by saraの騎士見習い at 2005年07月12日 12:26