2005年10月05日

●AreBackDoor その3

どうやらおとといはGoogle先生の効きがイマイチだけのだったようで先日は関連キーワードでHit数が伸びました。

051005are.png
どさくさにまぎれて別の調べ物してた人も来てる模様


○LiveRO Gvスレ33

あるハッカーは、やがてクラッカーに。

真実| λ三   λ=3    λ...           λ
    不正者  GvGer  非GvGer        運営側

要約するとこんな感じ。


○先日のメンテで対策来ない

前回のエントリで書きました理由により、通報数が伸び悩むことは予想がついており、同時にガンホーの初動も緊急パッチ対応がなされた数々の不具合と比較して遅いことが推測できます。

完全対策にはサーバ側の対応も必要な上にGungHoとGravityのやりとりも必要であり、実質月曜1日で対応できるわけがNEEEEEE、ってことで今週火曜のメンテで対策が来ないのは(若干諦めの意を含んだ)フツーかと。


○公表されない

当然です。

対策が決まってない、対応が完了していない脆弱性を発表してどうするんですか。「パソなんてサッパリー」とか言う人でもWindowsUpdateとか脆弱性パッチとかウィルス対策の仕組みぐらい興味を持って調べてみてはどうでしょう。

ネットマナー云々の問題もありますけど、平均年齢層もあってROプレイヤーのPCリテラシーのイマイチっぷりはROプレイヤーではおそらく年寄り側の私としてナカナカ気になるところであります。(そんなんだからformat c:とかやる人が出るわけで:p)


上記の理由で対策が間に合わないため、対策の方針が決まるまではどうしようもありません。おそらく「どの程度の修正になりそうか」「アインブロックパッチと一緒にいけるのか」をGravityに第一投として放出、GungHo側はその第一回答を待って「10/09(日)の攻城戦を中止すべきかどうか」を今週いっぱいぐらいに決めようとか考えてるぐらいじゃないでしょうか。


○GvGの中止はあり得るか?

不具合や仕様変更によるデータ実(?)害に関しては規約上保障されていませんし、(遺憾ですが)ガンホー側は「GvGという仕組みが崩壊する致命的な被害が出るか」で考えるのがベストだと思われます。

よって「さすがにGvG中止かな」と考えてるユーザも多いと思いますが、Gravity側の回答が「アインブロックパッチに到底間に合わないほどの大きい修正が必要」という内容だとすると(技術的難易度云々でそんなはずはない!という意見もありますが)、10/9(日)のGvGはそのまま開催される可能性もあります。


○通報は決して難しくナーイやる気をモテクダサーイ

日曜の時点ではなかなかどうやって報告したものか、目撃投稿にするには難しいし、という状況でしたが、現状はステルス移動まとめサイトや、試してみた不正プレイヤーのblogのURLもあることですし、敷居は低くなったと思います。

B2HSの閲覧者には縁が薄い話に思われるかもしれませんが、通報まで至らないとしても、ガンホーオフラインミーティングの第三回もあることですし、これを機会にROの運営と自分のプレイヤーとしての(WEBヘルプデスクの利用、不正者に対する)スタイルについて見直してみるのはどうでしょうか。

Posted by youten at 2005年10月05日 13:01
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://b2hs.netgamers.jp/mty-tb.cgi/141

コメント