2006年04月07日

●また会う日まで

そんなわけで、上納Expもキリのいい数字になったため、Exp0%モードに別れを告げました。新Dも一応一通り試して、あとはジュピ3をどうするかどうかというトコロです。

☆生体3

Lv95/63 LK STR79+24 AGI85+19 VIT38+7 INT25+11 DEX41+19 LUK1+10
MHP13361 MSP510 ブレス10 速度10 狂気 闇付与
+10QBlカタナ たれ猫/悪魔羽耳/ドケビシルク/ガラス靴/ぼろマント/ロザリー/ハイドクリ MDEF50
白/緑/ハエ/もち/バッシュ/コンセ/オラブレ/パリィ/ハイド
白80・ハエ120・もち50・緑20・闇水20

・2PC支援狩り、支援切れたら基本的に蝶で帰還。
・カトリとマガレのみフルブーストから全バッシュ狩り。
・アンフロ+ワームスはタラ盾が持てるSpP狩り(遠距離のため座標ずれに強い・SWを貫通できる)の槍LK向け、両手LKとしてはFDハイド避けから全バッシュに結局落ち着きました。

>対マガレ
・この装備で14k被弾の聖属性攻撃、8k弱被弾のHLを打って来ます。最終的な体感ではHLより聖属性攻撃の方が頻度が高め、LAをもらうと2倍被弾のため、SWを利用しつつ全バッシュに結局は落ち着き。
・歩きながらサンクを連打していた場合蛍付きのオーラマガレの可能性高し、ヒールの頻度が全然違うため相手にしないように。
・対マガレは事故死を防ぐ意味でパリィおすすめ。意識的に張るようにすると事故率が低下。

>対カトリ
・タゲった後、FD → JT→TS → CB → FBl →FD …という有名なパターンが。FDはヒットストップも1発のため、アンフロで食らい投げ殴りするのもアリ。
・FDのみハイド避け、その後全バッシュ。マガレよりスタンしやすい。(マガレがVIT30, カトリがVIT10とかそんな体感。)
・ただし、崖打ちルーチンがあるらしく、時々単発FDを打ってくる。(崖打ちルーチン:生体2のマジDOPも同様、向こうから接近はできないけど崖打ちが出来る状態になった際に違う行動をとること。)
・崖打ちルーチン発生条件は「タゲの再設定」のため、スタン解除時に上記のサイクルパターンを無視して、突然FDを打ってくることが。凍ってびびったけどFBlや殴りで割ってくれたりすることもあるのであまり気にしないでバッシュ連打。
・JT被弾中、赤い柱が立っている状態でもハイドは正常に発動。ただしヒットストップは激しく継続中。おとなしくTSをやり過ごしながら白ポでも飲むべし。
・アンフロとゼピュロスはどっちが良いか、ということに関してはワームスを持っていなかったこともあって結局ゼピュロスに軍配。FDに対するハイド勝負は接近前のため、座標ずれによるミスターゲットが起こりにくいが、JTに対するハイド/スタンバッシュ勝負は接近後のため、座標ずれによってあっさり1ミス即アボンが多発。

・Hitに関しては速度マガレ>必中200>マガレ>180>カトリ>160ぐらいの印象。意外とマガレが避ける。

>で、その成果は
・32匹・4回死亡/hがベストスコア、期間平均だと25/hの7回死亡/hぐらい。つまるところ時給はBase2.6M-7.1M/Job2.6M-2.9MのBase-4.5M/Job-0.3Mぐらい。ちっとも安定せず。
・とにかくタイマンを意識するチキンハートが最重要のため、持ち替えを面倒くさがらずクロキン徘徊もすべき。
・マガレで白15/匹 もち12/匹、カトリで白30/匹 もち10/匹ぐらい消費。スタン運がよければ白消費は半分程度に。

>総合的な感想
試行錯誤の余地が残ってるうちは激しく楽しかったです。ちっともおいしくないのにふと「じゃ、狩りでも行こうかな」って思うと選択肢に生体3が入るんです。

最終的にはあまりに成果が無いのと、生体2のハエ飛び、生体3での他Mobを全く相手にできないなどのポイントが気になるようになって、他狩場でExpがプラスになったのとあわせて止めることにしました。

もう1個レベル上げたころにはギルメンも3Fに入れるようになってると思いますので、そこでもう一度チャレンジしてみようかと。

Posted by youten at 2006年04月07日 10:46
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://b2hs.netgamers.jp/mty-tb.cgi/229

コメント