2006年06月01日

●きたぞ きたぞ!

おもちレモン、タナトス、ガンホーオフミまでの一ヶ月が楽しみになって参りました。

不正ツール利用者対策の報告
http://www.ragnarokonline.jp/news/information/item/7156

ユーザーの皆様へのお願い
http://www.ragnarokonline.jp/news/information/notice/item/7160

▼オフィシャルの公知に速攻で突っ込むスレ97▼
http://gemma.mmobbs.com/test/read.cgi/ragnarok/1148658940/

の何番煎じになるか分からない、出がらしコメントでも。

「現状のラグナロクオンラインにおける不正対策への不満」の表れであることを当社として強く再認識させていただきました。
普段から不満の認識はしている様です。
弊社の管理に至らぬ点があったためと考えており、
過去形にしないで。
本来であれば他のことに使うべき貴重なお時間を
上記スレにもありましたがちょっとフイタ。
不正対策は弊社が責任をもって遂行すべき事項でございますので、
責任ってなんでしょう。

 
 
 

さて、ちょうど世間も暑くなってきましたし、ホラー話でもひとつ。


一見すると、今回の発表は、以下の流れの様に見えます。

「運営に抗議があった」

「さしあたって約7,500件措置、今後も引き続きがんばります。」

「だから抗議運動はやめてね。」


ここで、"約7,500件のアカウントへの措置"と"抗議運動停止のお願い"には因果関係が無いと仮定し、別の因果を推測すると、以下の様になります。

「第4回ガンホーオフミの開催が決定。」

「アピールとして(定番になっている)約7,500件のアカウントへの措置。」

「一般プレーヤ、もしくは対策が行われると困る不正プレーヤから、ゲーム内抗議運動自体への抗議が多数WEBヘルプデスクに投稿された。」

「単に抗議運動を縮小させようと考え、お願いを公式発表。」


今後も同様に(効果の薄い)対応を取りますから、お互いにとって得が無いからやめましょうよ、という提案に思えます。
根本原因を取り除く、もしくは取り除こうという説得力のある言葉をひとつもなしに、まったく代わり映えの無い公式発表。一方的なTakeの依頼であり、Give側の印象が…。

抗議行動の動向を見守ってまいりました。
と言う割にはノールックBANの報告すら聞かれ、それに対するコメントも無く。

「これで抗議活動は公式にノーマナーとすることにしましたから、BANされたくない人は大人しくしてくださいね。」

…というのはどうですかね?

 

きちんと具体的な対応策の発表と施行により、「抗議なんてする必要ないでしょ?」ってぐらい言って欲しいものです。

Posted by youten at 2006年06月01日 20:38
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://b2hs.netgamers.jp/mty-tb.cgi/268

コメント